健康的に生きる。資産運用も健康的に。

健康的に生きるには毎日の運動や食事、睡眠、などがそれぞれがバランスがとれていることが重要です。

 

 

思うに、毎日決まった時間に起きて、寝る。 毎日決まった時間に仕事を開始して終える、食事は食べ過ぎないよう量、種類を多く、美味しいモノを食べる。 
決まった時間に眠る。決まった時間を睡眠する。決まった時間に起きる。

 

何がいいかは難しいですが、自身が調子いいなと思う生活サイクルは上記のようなことができているときです。
いずれかが欠けていてもダメですね。

 

例えば、よく寝ても食事が毎日食べ過ぎていると調子がおかしくなってきます。
別の言い方をすれば、きちんとした栄養バランスがとれている食事をしても、寝不足なら全然ダメです、体調ダメダメになります。

 

 

食事でいえば、野菜というより、果物(ビタミンだと考えている)が不足すると調子わるくなってきます。
毎朝、皮ごとキウィやリンゴ、みかんやバナナなどの果物。それにヨーグルトをくわえたものをミキサーにかけて、スムージーを飲むようにしていますが、
これだけで、かなり風邪をひかなくなりました。

 

 

 

さて、健康的に暮らることの重要な要素に資産管理がありますね。

 

 

社会で暮らす人には、お金すなわち資産が非常に重要な役割をもっているものです。
資産は安心を増やし、結果として幸福も増やす要因になると考えられています。

 

人生において余裕が非常に大事であり、それは健康や資産により余裕ができ、不満や不幸に感じることとの少ない、豊かな満足できる、幸福感のある日々を送ることができるのではないでしょうか。